カイテキオリゴ はぐくみオリゴ

カイテキオリゴとはぐくみオリゴの違いを徹底検証!!

カイテキオリゴの特徴とは?地元で採れるさとうだいこんにはどんな効果があるの?徹底的に調べました!!

 

カイテキオリゴは日本で1番売れているオリゴ糖です。
ほぼ100%オリゴ糖で便秘やアレルギーに効果があると言われております。

 

ただ、よく売れているとは言っても「2分に1個売れている」の宣伝文句は言い過ぎではないでしょうか?
最近、その類の宣伝文句を謳う商品は多いですが、どういった統計を取っているのか知りたいものです。

 

 

クチコミは自社サイトのみならず、楽天や@コスメ、アマゾンでもレビューがあります。
評価は健康食品のわりには高い方だと、思いますし、よく売れているなりの意見が参考になります。
クチコミはガンコな便秘の方に定評がありますが、同時に効果が見られないなどのクチコミもあり、
偏った評価だけではないので、公平性は良い方だと見受けます。

 

 

そのオリゴ糖の中でも1番の特徴が、ラフィノースです。
北海道で作られる、さとうだいこんより抽出されたオリゴ糖で、
ビフィズス菌を増やし免疫機能を高め、アトピーに効果があり吸湿性が少なく、
サラサラなのが特徴です。

 

 

それから、このカイテキオリゴを販売開発している会社が北海道で、
ここの商品を見てもらえれば分かるのですが、北海道産の野菜から作る自然食品を得意とする会社です。
地元の名産品です。

 

 

話は戻って、カイテキオリゴの成分はこの5種類のみです。

 

  • ラフィノース
  • ミルクオリゴ糖
  • 乳糖 
  • セロオリゴ糖 
  • ショ糖

 

オリゴ糖は、ラフィノース、ミルクオリゴ糖、セロオリゴ糖の3つですね。

 

ミルクオリゴ糖は食物繊維と似た働きをし、水分量を増やし柔らかくする働きと、
悪玉菌の増殖原因となる毒素を減少させる効果があります。

 

 

乳糖(ラクトース)母乳、牛乳に含まる糖類で、牛乳を飲んだ時にゴロゴロする、
あの原因のひとつのものです。
乳酸菌の栄養素となり、乳酸菌を増やします。
またカルシウムやマグネシウムを吸収しやすい身体へとなる作用があります。

 

 

セロオリゴ糖ははちみつや松葉に含まれるオリゴ糖で特定の善玉菌に働きかけ、
腸内環境を良くし、又虫歯になりにくいオリゴ糖です。

 

 

ショ糖は、砂糖の成分に含まれる糖で菌を元気にする作用があります。

 

 

また、カイテキオリゴは30種以上もの善玉菌を活性化する事が証明されており、
はぐくみオリゴの100%オリゴ糖と、ひけをとらないバランスで独自配合されている所も特徴です。

 

 

味はほとんど変わらなく、甘いモノが苦手な方でもコーヒーに入れたり、
ごはんに混ぜて炊くことが可能です。
ただ、サラサラ状なので水や冷たいものには溶けにくいのが難点です
(あくまでも個人的見解です。一部口コミでは水にも溶け易いとあります。)。
保存と味は良いですが、混ぜる際には注意が必要です。温かい物の方が無難でしょう。

 

 

次のページでははぐくみオリゴの特徴についてまとめました⇒

ホーム RSS購読 サイトマップ